個性的なシルエットを演出

ロリータファッションといえば、幾重にも重なったフリルの付いたスカートが定番です。ただ、スカート単体では、その個性的なフリルのシルエットを活かすことが難しいです。また、ロリータファッションのスカートは重さもあるため、自重で真っすぐ垂れ下がったような見た目になってしまいがちです。そこで活用するのが、パニエです。

パニエはアンダースカートのことで、スカートの下に履くことで外側を広げる役割があります。生地が何層にもなっていて、その厚みでスカートを広げるタイプもあれば、骨組みとして針金が入っていて、広がったシルエットをしっかりと維持できるものもあります。そのパニエを使用すると、ロリータファッションらしいシルエットを実現できます。ロリータファッションの基本なので、ひとつは持っておいた方が良いでしょう。

服に合ったパニエを選ぶ

ロリータファッションでパニエを使用する場合、長さがとても大事です。基本的にパニエは見えないものなので、外に履くスカートよりも短いものを選びます。ただ、ロングスカートを履く場合、パニエが短すぎると、パニエに支えられている部分とそうでない部分でシルエットが不自然になってしまいます。そのため、スカートよりも少し短い程度の長さのパニエを選びましょう。

また、パニエに使用されている素材にはいくつもの種類があり、それぞれ動いた時の質感に影響します。固いパニエを選択すると、しっかりとした見た目になりますが、動きの演出がしにくくなります。それに対して柔らかいパニエであれば、シルエットが不安定になりやすい代わりに、スカートを大きく動かせます。その特徴を把握した上で、実現したいロリータファッションに合わせたパニエを選ぶことが大切です。